マンション・アパートを満室にするプロ「住宅リノベーション」専門コンサルタント「オフィスレジェンド シークラ」

NEWS

NEWS

2014.12.18 更新

ブログ

第1章 暮らしと生活の違い・・・

改めて、考えると何だろうと思われる方が多いのではないでしょうか?

 

ここで、違いを踏まえることにより、今後の暮らし、生活に活かして頂ければ、

 

家族、人との関わりにゆとりが生まれます。

 

 

暮らしとは・・・・・
快適、落ち着く、静か、癒し、安らぐ、楽しい、忙しい、怒り等々感情的表現が生まれるのが暮らしです。
家に帰りたい、ごはんを食べたい、ゆっくりしたい、休みたい、寝たい、等々
願望の実現が暮らしなのです。
この欲求が満たせれないと暮らしが成り立たない。。。。

 

 

生活とは・・・・・
時間、お金、習慣、家族形態、利便性、安全性等々を意味します。
どれも生活に不可欠なものです。

 

暮らし、生活が円滑にいくことが摩擦を生じない人間関係となるのです。

 

それには、毎日、暮らしと生活をする住空間が重要ポイントとなり、大きく関わります。
その住空間を創るのは、皆さんのです!!!!!

 

まず、生活において見直しと気ずきが第一歩です。

 

“こんなものだろう。今までがこうだったから・・・・”
“生活を変えるのが面倒くさい。”
と思われる方もいらっしゃいます。
個人の性格と同様、習慣も様々です。
当たり前なことが当たり前では無いこともあるのです。

 

また、人生の帰路(親からの独立、結婚、出産、子供の成長、等々)を迎えないと中々、見直すチャンスがないのが現実です。

 

このブログを見て頂き、住空間と暮らし、生活がどう関わり、円滑になるか?
日常生活のなかで見直しができれば、そんな簡単な事はありません。
第2章では、見直しシートを作成します。
あなたは、どのタイプか、ご検収してくださいね。

 
第2章へ続く・・・・・

2014.11.8 更新

ブログ

Vol.01 暮らしと人に思うこと

初めまして、古西真里子です。

今回、ブログ初体験・・・・・

このブログとの出会いで“きっかけ”“ヒント”を感じれたなら、そんな嬉しいことはありません

今後、連載予定です。ながーいお付き合いを!!!

 

まずは、暮らしと人に思うこと・・・・・

 

最近、人とのつながりが箕臼とか、昭和世代、平成世代、ゆとり世代だのと分類されたり・・・

何が原因なのか・・・?

何もかもが便利になりすぎて、自身で考える企画力、想像力が人ではなく、時間や生活に向けられいるような気がします。

なので、暮らしと人に摩擦が生じる。

中々、思い通りにならないのが現実です。

特に女性は、目の前のことを即、解決したいとか、未来が読めないと行動を起こせないとか。

自身の思いと違う回答が返ってくると相手の言動を決めつけ、自己判断してしまいます。

なぜ?どうしして?が湧いてくるのです。

しかし、それを解消できるのも女性です。男性には、真似できない解消方法を知らない内に身につけているのです。

何故か・・・・

 

それは、暮らし、生活の中で考える・行動、言動が多岐に分散されているからです。

朝起きて睡眠につくまで男性より多種多様なのです。

例えば、共働きで子供一人の奥様の場合、1日、何役もこなさねければ生活ができません。

子供、夫の世話、家事、仕事などなど、あっという間に1日が終わります。

しかし、ストレスを感じながらも1日の生活宿題があり、時間に追われることで消化したり、

また、母性いう本能がエネルギーに変えていくのです。

 

私は、その1日の生活宿題を少しでも、楽しく、時間短縮、効率の良い環境作りを提案したい。

人との時間を増やし、心のゆとりをもってもらいたい。

心に余裕があると人に優しくなれるのです。

 

第1章では、暮らし、生活の違いについてお話します。

この違いとは何でしょうか?

日常過ぎて考えることもないのではないかと思います。しかし、その根本が解ったとき、

少し変化が生まれ、日常を見直すチャンスとなるのです。

人・時間・暮らしのトライアングルが正三角形であることがストレスを溜めない形なのです。

 

第1章へ続く・・・・